スーパー猫パンチのブログ(๑•̀ㅂ•́)و✧
ゲーム周辺機器

ゲーミングヘッドセット部門別ランキング!~付け心地編~【2019年10月更新】

(ΦωΦ):どうも皆さんこんにちは!スーパー猫パンチです。

今やゲーマーにとってゲーミングヘッドセットは必需品!
どのヘッドセットを使うかでゲームライフが大きく変わります。

マイク音声が良いものを選べば、
ボイスチャットのコミュニケーションが快適です。

足音に特化したヘッドセットを選べば、
FPSなどゲーム内でのパフォーマンスに大きく影響します。



そして何より付け心地が一番大事です、
痛いヘッドセットなんて長時間つけてられません!

いくら見た目がカッコよくても、装着感が悪ければゲームライフは台無しになってしまいます…
自分の場合12時間以上装着してゲームし続ける場合もあるので、装着感は何よりも重要視しています。


たくさんの方がYouTube動画のコメントで、
オススメのヘッドセットを教えて欲しい!と要望がありますが...

そんな皆様に残念なお知らせがあります↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最高のヘッドセットというものは存在しません」

ニャンだと…!?

 

 

何故なら...
プレイするゲーム、使用する機種、重視する性能、頭へのフィット感、

皆さんそれぞれ違います。

 

 

しかし!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あなたに最適のヘッドセットはあるはず」


もしその一品を探すためのお手伝いが出来れば幸いです。

以下は自分がYouTubeの動画内やそれ以外でレビューしたヘッドセットになります。良かったら購入する際参考にして下さい。
マイクテストや細かいレビューは動画を是非見て下さい。

 

今回は付け心地に特化して
5つ紹介していきたいと思います!

第5位 Logicool G (ロジクール) G Pro X ゲーミングヘッドセット G-PHS-003 7.1ch Blue VO!CE搭載マイク

ブランド Logicool(ロジクール)
型番 G-PHS-003
タイプ 密閉型
重量 320g
Amazon価格 ¥17,354

つけ心地の感想:
側圧は以下の機種より強めだけどフィットする、
イヤーパッドと頭部のパッドも含め全体的に質感が高く高級感がある。
デフォルトの合皮製イヤーパッドに加え、布製のイヤーパッドも付属。
(※ザラザラすると不人気だったG433で使われているスポーツメッシュとは違い、肌触りがかなり良い物を使っている) G Pro の後継機として出していますが正直別物です!

注意点:
イヤーパッド部分が回転しないので外して肩に置けない。
Blueのマイク機能がPCでしか使えない為、PS4だと少しコスパが悪い。



※ 音質、マイク音、その他の詳しいレビューはコチラ↓の動画でどうぞ!

 

 



第4位
Logicool(ロジクール) Astro A40 TR Pro
A40TR-002 2019年版


ブランド Logicool(ロジクール) Astro
型番 A40TR-002
タイプ 開放型、半開放型
(別売りMODKITで密閉型も可)
重量 363g
Amazon価格 ¥19,062

つけ心地の感想:
側圧は標準的、しっかりした作りでイヤーパッドも別売りで合皮の物も売っており、開放型・半開放型・密閉型、等色々とカスタマイズ出来るのが特徴。
マイクの場所も左右で変えれて自由度が高い。イヤーパッド部分が回るので肩にも置ける。プロゲームシーンでもミックスアンプと併用されており、いわゆる標準機的存在。

注意点:
コレを買ってしまったら同時に2019年版のミックスアンプ(Mixamp)が欲しくなってしまう...

※ 音質、マイク音、その他の詳しいレビューはコチラの動画でどうぞ!

 

 


第3位 キングストン(Kingston) HyperX Cloud Alpha S
HX-HSCAS-BL/WW 7.1サラウンドサウンド 低音調節スライダー

ブランド キングストン HyperX
型番 CloudAlphaS HX-HSCAS-BL/WW
タイプ 密閉型
重量 321g
Amazon価格 ¥15,567

つけ心地の感想:
側圧は前モデルのCloud Alphaより若干弱めになり丁度いい。
イヤーパッドが素晴らしいほど改善された。開口部が広くなり、つけ心地がかなり良くなった。付属で開放型タイプの速乾性の高いイヤーパッドも付属。Cloud Alphaを持っていた方は感動するはずだゾ。

注意点:
イヤーパッド部分が回転しないので外して肩に置けない。
USBサウンドカードの7.1機能はPCでしか使えない為、PS4での使用だとコスパが悪い。
ミックスアンプと使う場合ミュートが出来ない。

※ 音質、マイク音、その他の詳しいレビューはコチラの動画でどうぞ!

 

 


第2位 オーディオテクニカ(AudioTechnica) ATH-G1 

ブランド Audio Technica(オーディオテクニカ)
型番 ATH-G1
タイプ 密閉型
重量 257g
Amazon価格 ¥23,345

つけ心地の感想:
側圧は弱め、頭の小さい人だとちょっと弱すぎる可能性がある。
軽さと相まってつけ心地は優秀。軽量化重視でデザインしたイメージが有る。
イヤーパッドも耳に当たる部分は速乾性の高いファブリック、その他は合皮で出来ており、つけ心地と音質にこだわりを感じる。 イヤーパッド部分が回るので肩にも置ける。オーディオテクニカ渾身の新作ゲーミングヘッドセットである。

注意点:
側圧は弱めなので頭が小さめの人は店頭で試着を推奨する。
音質がフラットでは無いため好みが分かれる可能性がある。

※ 音質、マイク音、その他の詳しいレビューはコチラの動画でどうぞ!

 

 


第1位 クーラーマスター(Cooler Master)
MH752/751 ゲーミングヘッドセット

ブランド CoolerMaster(クーラーマスター)
型番 MH-752
タイプ 密閉型
重量 250g
Amazon価格 ¥11,027 

つけ心地の感想:
側圧は若干弱め、とにかく軽い。つけ心地と言えばこの機種は外せない。
イヤーパッド部分が回るので肩にも置ける。全体的な作りが、いわゆるゲーミングヘッドセットという感じではない。それもその筈、モニターヘッドホンをリモデリングしたような商品なのです!ヘッドセットブランドとしてはマイナーですが、eイヤホンさんの店舗等で試着出来るので是非試してみて下さい。

注意点:
日本で売っているのはMH752のみでUSBサウンドカードが付属する機種のみ。
ミックスアンプにつなげたり、PS4のコントローラーに刺すとミュートが出来ない。
出来れば手軽に使えるMH751も販売してほしい所。
イヤーパッドが固定されているので交換は不可。

※ 音質、マイク音、その他の詳しいレビューはコチラの動画でどうぞ!

 

 
 
 

番外編! ゼンハイザー(sennheiser) GAME ZERO SE ゲーミングヘッドセット

ブランド sennheiser(ゼンハイザー)
型番 GAME ZERO 506079N
タイプ 密閉型
重量 312g
Anazon価格 ¥23,533

つけ心地の感想:
古いモデルだけど付け心地は結構良い!側圧も程よい締め付け。
フィット感が高く、軽いので長時間付けても苦ではない。
今でもGSPシリーズよりコッチを愛用している人が居るらしい。
個人的にもゼンハイザーさんにはGAME ZEROのような形の新作ヘッドセットを発売してほしい!

注意点:
音質に関してはGSPシリーズに勝てない。

※ マイク音の詳しいレビューはコチラの動画でどうぞ!





(ΦωΦ):ここまで読んでくれてありがとうございました!

あくまで自分のデカ頭へ装着した感想です。
頭のサイズや耳の形、装着感の好みなどは人それぞれなので、
ヘッドセットは店舗で試着して購入した方が良いです!

今回は装着感にフォーカスしたランキングでしたが、
次回は足音や音質ランキングもやろうと思います
(๑•̀ㅂ•́)و✧

では次回の記事でお会いしましょう!じゃあね~!